桑原オートキャンプ場でキャンプ~その4~

ろいろありましたが、なんとかGWのキャンプにこぎつけました。

どんなキャンプ場か、ちょっと心配ではありましたが、キャンプ場に行く道中、

どんどん山の中に入っていくんですね。

上り坂をどんどん登り、ダムの横を通ったり、すれ違いがちょっと心配になるような細い道を通ったり。

あっという間に山の中です。

で、うちの家族はこういうの、テンション上がってくるんです(^^)

おっ!!来たぞ来たぞ!!山の中のキャンプ場!!

ってな具合に。

キャンプ場につくと、そこはもう秘境(#^^#)

自然いっぱいです。

GWキャンプ~その2~でも書きましたが今年の初キャンプに選んだキャンプ場が

まだ寒い時期だったので、暖かいところ、標高の低いところ、人気のある所というキーワードで選んだのですが

行ってみるとなんか街の片隅の公園みたいで、近くで重機が一日中動いていたり、近くを車が走る音が聞こえたりで

大失敗だったので今回はキャンプ場の立地だけでも本当に大満足です。

 

そして、ここでやっと、タイトルにある今回行ったキャンプ場、

桑原オートキャンプ場のお話になります(;^ω^)

え~、今回行ったキャンプ場は

桑原オートキャンプ場です。

長野県上伊那郡中川村にあります。

ホームページのありますので興味のある方はググってみてください。

 

ずは管理棟で受け付け。

2019GWキャンプ3

村営ということで、高規格キャンプ場のようにきっちりとはしていませんが

その分、いい意味でとってもゆる~い感じです。

ただ、ここは秘境!!

そう、ここで初めて気が付いたのですがなんとここ圏外です!!(゚Д゚)ノ

うちはせっかく大自然に来たんだからむしろそんなのいらない!!的な感じなので

全然平気ですが、「スマホがないと死んじゃうよ」っていう人にはここは無理かも(;^ω^)

管理棟にiPadがおいてあり、そこで天気予報は確認できますが

他の情報は下界とは隔離されている感じですね。

そんなわけで管理棟の横に公衆電話があります(久しぶりに見た)(;^ω^)

管理棟内にあるシャワーも狭いけどきれいでしたし、別の棟に広いトイレがありましたが

そちらもとってもきれいでした。

因みに管理棟に売っているものは薪と木炭とロックアイスのみ。

あと、コーヒーと生ビールのサーバーがあって金額が書いてあったような気がするので

買えるのかもしれませんがよくわかりません(;^ω^)

 

事棟はこんな感じ。

2019GWキャンプ4

お湯は出ません。水のみです。水は山の清水を使っているとのこと。

水質検査はしているのでそのまま飲んでも大丈夫とのことでした。

うちは直接水を飲むことはなかったのですが、米を炊いたり、スープを作ったりしましたが

全く問題ありませんでしたよ(^^)

 

んなこんなで、受付も終わってサイトにいったのですが、

道が狭くてちょっと苦労。

2019GWキャンプ5

道を進む分にはいいのですが、サイトに入れるときに何度か切り返さないと入りませんでした。

車の大きさにもよりますが、運転苦手な人はちょっと怖いかも。

 

で、サイトに車を収めたのですが、そこでしばし茫然。

2019GWキャンプ6

うちのテント、ノルディスクのアスガルド12.6なので、普通のテントより大きめです。

しかも四方八方にペグダウンします(25本です。げんなり)

さらにタープをたてるので、狭い区画だと収まらないんですね。

今回も、大きいテントなので広い区画のところをお願いしてあったのですが

どうやらかなり厳しい。(写真ではそこそこ広く見えますが)

キャンプ場内を見てみると他にも、もっと広いところもあったので

大きなテントでもちゃんと早めに予約すれば全然大丈夫だと思います。

うちは予約開始から二日遅れで電話したので

その時に空いていた区画の中でも広いところを用意していただいていたのでしょう。

予約が取れただけでもありがたいのでここで何とかしましょう!!

試行錯誤して、いつのも倍近くの時間をかけて何とか設営完了(^^)/

2019GWキャンプ7

区画に対して斜めにテントとタープを設営して何とか納めました(^-^)

ただ、逆から見ると収まりきっていない部分がありまして・・・

2019GWキャンプ8

写真だとわかりにくいですが、タープのガイロープを川岸の岩の方に無理やり固定です。

2019GWキャンプ9

そして、サイトのすぐ横がこんな風に石積みの護岸というか土手というか・・・。

これまた写真だとわかりにくいですが川までは結構な高さがあります。

勾配自体は緩いのでさほど怖くありませんが、何か落とすと取りに行くのがめんどくさそう。

なんて思っていたら、一度、息子がずり落ちました(;^ω^)

でも、ちょっと狭いですが、眼前に広がる景色と

すぐそこにとってもきれいな川があり、

川にはなんと20匹くらいの群れで魚(20cmくらいだったかな)が普通に泳いでいるのが見えます。

環境としては最高で、嫁はとっても気に入っていました。

さて、やっと設営も終わったのでキャンプを楽しむぞ!!と。

2019GWキャンプ10

タープからこんな感じで川を見下ろせます(^^)

網で魚をとってやろうとがんばるうちの息子が見えます。

 

その4まで来てやっとキャンプが始まるとか、のんびりしすぎだなと心配になりますが

すいません、もう少しお付き合いくださいませm(_ _)m

 

桑原オートキャンプ場でキャンプ

~その1~

~その2~

~その3~

~その4~

~その5~

         
           ↑レーザー溶接、金型修理はこちら

関連記事

  1. 2018.7 能登 アイキャッチ1
  2. 冬眠準備
  3. エレクトリック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

airhacchiのおすすめ

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ

 

 

パーソナルCARパーツ ハイエース用リアエアコン化オートコントロールユニット【HRATAIRCON-X-V2】HRATAIRCON-X-V2

 

 

タンデムライダーズ
タンデムツーリングベルト

 

PAGE TOP