ヘルメット問題

い、昨日に引き続きブログ更新です。

そうです、仕事が暇なのです( ̄ー ̄)

でも、仕事が暇なときくらいは頑張ってブログ書こうと思っておりますので

忙しくて更新できないときはごめんなさいm(_ _)m

 

て、ジャケットについては決まりましたが、つぎはヘルメットです。

前回の記事で最初にSHOEIを使って以降はずっとアライだったと書きましたが

実はレースの時に一時、SHOEIを使ったことがあるんです。

99 fuji

この白いヘルメットの前にも

スコットラッセルモデルとかもかぶったことがありました。

スコットラッセルが当時としてはとても派手でかっこよかったのと

鈴鹿8時間耐久レースでの走りがとてもすごかったのがありスコットラッセルしかねぇなと(^^)

スコットラッセル

ただ、SHOEIが頭にあわないとか被り心地とかいうことより大きな問題が

このころにありました。

たしかレース中に富士の1コーナーで転倒したんですよね。

で、すぐにバイクを起こして再スタートしようと思ったら

シールドが片方外れちゃってて、どうしようもなくそのまま再スタートして

シールドがバタバタしながら走ったんです。

上の写真でもわかるようにシールドの上から押さえつけるシールドホルダーが

SHOEIのヘルメットにはないです。

でも、アライの場合、しっかりとシールドの上から抑えるホルダーだったためか

転倒してシールドが外れたことなんてなかったので

こりゃ、SHOEIダメだなと。まあ、こけなきゃいい話なんですが(;^ω^)

で、アライにしたらやっぱりかぶり心地がよかったし、それ以後はアライのみでしたね。

 

て今回のヘルメット選びですが

たまにはSHOEIにしてみるのもいいかなっていうのと

SHOEIの形がかっこいいのと、

試着してみたけどかぶり心地がよかったのと

ツーリング仲間のchupa君のインプレッションでは

風切り音も小さく、高速でも頭がぶれないとのことなので

X-Fourteenいってみるかなという状況なのです。

まあ値段が高いことは高いのですがアライのRX-7Xにしても

61,000円するわけであと15,000円足せばX-Fourteen買えるじゃんってことなんですよ。

いや、15,000円違うってえらい金額差だろって思いますけれど

そこは大した金額差じゃないと自分に言い聞かせるとして!!

 

「15,000円もたかいんじゃあ、やっぱアライにしようかなぁ」

という心の声なんか聞こえないふりをしながら、

「やべぇ、やっぱ高い」

と思うとついついマウスを持つ手が震えるのに気づかないふりをしながら

どんなデザインがあるか見ていたんですが、あまりないですよね、正直言って。

 

はGPライダーもスーパーバイクライダーもほとんどみんな

SHOEIかアライをかぶっていたので

選びたい放題でしたよね。

SHOEIだと、レイニー、ローソン、ガードナー、コシンスキー、スコットラッセル、ビーティー、若井などなど

アライだと、シュワンツ、ドゥーハン、カダローラ、アーロンスライト、平、原田、坂田などなど

それに比べると今はアライもSHOEIもだいぶ少なくなり

昔みたいに選びたい放題とは言えず、です。

 

ただ、SHOEIのホームページで見てあまりいいのないなって思ったんですが

この前試着に行って実物見たら結構かっこよくて

これにしようかなってのが決まりました。

あとは、昨日の記事でも書きましたが、注文確定をクリックできるかどうかです(;^ω^)

 

         
           ↑レーザー溶接、金型修理はこちら

関連記事

  1. 2019GWキャンプ7
  2. 2019GWキャンプ
  3. 棚7
  4. PowerArQ1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

airhacchiのおすすめ

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ

 

 

パーソナルCARパーツ ハイエース用リアエアコン化オートコントロールユニット【HRATAIRCON-X-V2】HRATAIRCON-X-V2

 

 

タンデムライダーズ
タンデムツーリングベルト

 

PAGE TOP