桑原オートキャンプ場でキャンプ~その1~

としのGW、例年よりも長かったですね。

その、例年よりも長いGWを利用してキャンプに行ってきました(^^)

まあ、長い連休がなくてもキャンプはいくんですが(^^;)

 

最近はキャンプブームということでなかなかキャンプ場の予約が取れなくなってきました。

特にGWや夏休みなどは予約開始の瞬間に埋まっちゃうほどで

中には抽選なんてところもあります。

なかなか競争率が激しいです。

特に人気なのが、

・首都圏からのアクセスがいいところ

・キャンプ場主催でイベントや○○体験みたいなことをやっているところ

・キャンプ場の近辺にアスレチックのような子供が遊べるところがあるところ

・キャンプ場内、もしくはすぐ近くに温泉があるところ

などですね。

そして、上記のような人気キャンプ場にはそもそもの前提条件があります。

それは高規格キャンプ場ということ。

最近は当たり前となりつつありますが高規格とは

・トイレがきれい

・シャワーがある、もしくは風呂がある

・炊事場がきれいでお湯が出る

・電源サイトがある

などです。

そこに、景色がいいだとか、星空がきれいだとか付加価値が付くと

もう大変な競争率なんです。

うちももちろん、キャンプをするのに

サイトが芝生で広くて、キャンプ場が広々としていて、景色がよくて

お風呂が近くて、子供がちょっと楽しめるような場所があって・・・

なんて探すのですが、GWなんてとてもじゃないけどそんなところはとれません。

ですので、だんだんと「風呂は遠くてもいいか」「サイトは芝生じゃなくてもいいか」

「炊事場がそんなに充実していなさそうだけどいいか」なんて感じで

妥協を重ねるのですが、もう本当に見つかりません。

もっと真剣に3か月くらい前からの予約競争に参戦したり、

第三希望くらいまで決めて、滑り止めで複数のキャンプ場の予約をいれたり、

そこまでしないとさすがにGWは無理だったなと。

GWにわざわざ無理やり変なキャンプ場でキャンプをするとか

満員で人がたくさんいるようなキャンプ場でのんびりできないとか

そんなくらいならやめておこうということになりました。

去年もそうだったのですが、GWの翌週や翌々週の空いているところを狙って好きなキャンプ場で

のびのびとキャンプするほうがいいかなと。

2018.5キャンプ

↑去年、GW翌々週に行ったキャンプ場

 

だ、せっかくの長期連休、連休のド頭からのキャンプなら

キャンプの後もゆっくりと休めるしとっても魅力的で諦めきれないわけです。

キャンプ場を探してあそこがよさそうだ、ここがいいという役割は

なんとなく嫁ということになっていたのですが

嫁に任せていられなくなり、ちょっと本気で探してみることにしました。

つづく

 

桑原オートキャンプ場でキャンプ

~その1~

~その2~

~その3~

~その4~

~その5~

         
           ↑レーザー溶接、金型修理はこちら

関連記事

  1. 冬眠準備
  2. エレクトリック
  3. ハイエースの洗車1
  4. K-2302-BK

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

airhacchiのおすすめ

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ

 

 

パーソナルCARパーツ ハイエース用リアエアコン化オートコントロールユニット【HRATAIRCON-X-V2】HRATAIRCON-X-V2

 

 

タンデムライダーズ
タンデムツーリングベルト

 

PAGE TOP